読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ブログ論とか大好物ですが、好物なら作れるというわけでもないわけで


スポンサードリンク

世にあふれるブログ論が好きだ。
というか、持論的なものはたいてい好き。他人の考えに触れるのが好き。
では、自分の考えを出せるのかというと、非常に怪しい。問題は、書く力だと思う。

頭のなかに、どれだけの考えが詰まっていても、それを出す能力があるかはまた別問題だと思う。
考える能力と書く能力は、近いけど別物で。
人に理解できるものに仕立てあげるって、わりと高度な技術だと思う。

そして、好き嫌いとそれらの能力はまた別物だ。
書くのが好きだけど、能力はいまひとつ、というのすらよくあるのに、読むのが好きだから書ける、は通用しないと思う。
なんだってそうだ。消費者側と創造者側の違いというのもあるし。

書けるようになりたいなら、いくら読んでもそれだけじゃダメだろう。
書かないと。まずは書き始めないと、書けるようにはならない。

ブログ論に近づかないので無理やり近づけよう。

ブログだって、同じ。読むのが好きなだけで、書けるようになりたいなぁと思っているだけでは、向上はない。
書けるようになりたいなら、書くべき。考えて、工夫しながら、書くべき。
ハンドルネームでやってれば、いざとなれば1つ目は潰して2つ目に、というのもありだし。
黒歴史上等で書いて、書けるようになった気がして、書きたいものが見つかったら、古いのは消して別名義で再登場、でいいじゃん。

世の中のブロガーさんで、そのブログが初めてのブログです、って人のほうが珍しいかもしれない。
成功者だって、そんなものらしい。
何個も潰して、今がある。そんなものを目指せばいいのでは。


というわけで、書く練習と思いつつ、特に書きたいことがたくさんあるわけでもないけど、書くのです。
好きだから。