読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ブログ始めます、って記事多くない?

ブログ ブログ-ブログ論


スポンサードリンク

はてなブログの新着記事を眺めていたが、ざっと3~8%くらい、ブログ始めますって記事な気が。
これは、今ブログを始めている人が特に多いということなのか、それとも続けて書く人に対して新しい人が多いということなのか、どちらだろう。

多分、後者なのだろうなと思う。
ブログの記事数と人数のグラフを作ったら、急な反比例のグラフが出来るのではないだろうか。
1記事書いて、満足してそのままお蔵入り、もしくは数記事でお蔵入り。ありそうだ。

気持ちは非常にわかる。
「書いてみたい」と初めて、「続けるぞ!」と思っていたけど数日書けなかったりすると、「もういいか」となりがちだ。
毎日更新、とか、最初に考えていると、1日書けなかっただけでもモチベーションが一気に落ちたりする。

もったいないなと思わなくもないが、そんなものだろうとも思う。
10年前ならば、ネットに文章を上げるのは微妙に(すでに微妙というくらい簡単にはなっていた)手間だったし、書き始める人は続ける人も多かったと思う。
しかし、今はすごく簡単に書き始められる。思いつきですぐ始められるから、特に思い入れもなく止められる。

時代だろうなと思う。別に悪いことではないというか、良いことな気もする。情報発信がそれだけ簡単になったということだし。
書きたい時に、書きたい人が、書きたいように書けばいい。
それがやりやすい時代は、歓迎だ。

なので、いいのだが、ブログ始めます、って記事から10記事くらいは書いてみて欲しいなとも思う。
何かしらのリアクションが得られて嬉しかったり、書いたらちょっとだけでも人が見に来てくれて嬉しくなったり、そういう体験をしてみて欲しい。

10記事なんて、1日でも書けるけど、まぁ、10日くらいか。
そのくらい続けて、やっぱりやーめたというのはそれはそれで良いし。
また書きたくなったら始めればいい、というくらいのことだろう。

記事の着地点が見えなくなってきたので、初めて1日でどのくらいのことが出来るかというのを提示して終わりにする。
とりあえず、16時頃に始めたこのブログ、1日で12記事書いて、訪問者が100くらい。
Twitterと連携しているので、その影響も大きいとは思うが、こんな感じだ。

ブログをやっている人が増えて、いろんな人の考えを読めると嬉しいと思う。
ブログじゃなくて、Twitterでも別サービスでも何でもいいが。
いろんな人の、いろんな考えが、読んでみたい。