読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

たくさんの人に読んで欲しいと思うくせに、人がたくさん来るとビビる

自分のこと 自分のこと-現在


スポンサードリンク

 一つ前の記事がちょっと伸びて、ビビってます。瞬希です。

 私の見立ててでは、金曜日のこの時間にはてブのトップページに載ったことが、500以上のアクセスを生む要因になったと見ていますが、内心ドキドキしています。

 ドキドキしつつ、そんなドキドキする自分に「そんなんじゃプロブロガー目指すとか口が裂けても言えないんじゃ」と悲しくなったりもしてます。だんだん慣れるものかもしれないけど……。

 そんな、○○したいんだけど、本当にそうなりそうになると焦る、的なことを考えてみたいと思います!

働きたいんだけど、良さそうな求人に応募してから焦る

 今の私です!

 働きたいなーとは思っているけど、いざ働くための手段を講じようとすると、本当に出来るのかとか、面接どうしようとか、いろいろ焦りだします。

 やってみると案外うまく行ったりするんですが、それまでが大変です。あ、こういうこと、前に記事にしたことあった気がします。

イベントに参加すると言ったけど、いざ当日が近づくと焦る

 以前に、旅行のことを記事にしました。旅行に行くと決めたけど、日が近づくに連れ不安になっていくパターンです。私はよくあります。

 これも、行ってしまえばなんてことないです。楽しもうと開き直るので、たいていは楽しめます。が、当日まではけっこう不安になります。

 事前に開き直る方法があったら知りたいです。うーん、気の持ちようだとは思いますが……。

出発時間を決めると、少し前からすごく焦る

 例えば、10時半の電車に乗って集合場所に向かおう、という場合があるとします。すると、私はたいてい1~2本前の電車に乗り込みます。最初は10時半の電車の予定が、10時過ぎの電車になったりするわけです。

 理由はふたつあって、ひとつ目は不安になること。集合場所が見つけられるかとか、乗り過ごしたらどうしようとか、意味もなく不安になります。そんなのぜんぜん大丈夫なことが多いのに、です。

 ふたつ目の理由は、焦れること。時間が近づいてくると他のことが手につかなくなってきて、早く出発したくなります。で、数本早い電車があればそれを目指しだします。無駄にです。

 で、たいていは普通に30分前とかに到着して(そもそも最初の設定ですら、5分10分前にはつくように決めてる)、時間を持て余すところまでがセットです。

何なんだろうなぁ

 よくわからないですが、そういうこと、ありませんか?

 働きたい~と、イベントに~というのは取り越し苦労ですよね。やってみたらどうということがない場合が多いし、そんなに必要ないと分かってはいるし。

 たくさんの人に~(タイトル)と出発時間を~は、何なのでしょう? 前者は荒れたらやだなとか、そういう取り越し苦労かな。後者はなんだろう。うーん、わかりません。

 これらの焦りなどは、体力と気力を消耗するし、あまり良いことじゃないと思うのですが……。なかなかどうにも出来てないです。うーん、少しずつでも和らげていきたいけど。

目をそらすという選択肢

 人がたくさん来ていることを直視するとドキドキが止まりそうになかったので、目をそらしてみました。記事を書いて、意識をそっちに向ける!

 ひとつの手かなと思います。考えるからいけないんだ! という方向性です。

 そろそろ意識が戻ってきましたが、落ち着いたかな。Google Analyticsのリアルタイムのところで、同時に何人の人が見ているか分かるのです(そういうの見るからいけない?)


 さぁ、どれだけいるか……12人! さっきよりは減りました。一時、40人居たりしましたから。びっくりですよ本当に。

 まぁ、落ち着きつつあるし私も落ち着きたいと思います。ダメなら完全に目を背けて、PCから離れることも考えます。そうでもしないと、気になるし。


 という感じで、おわります。
 みなさんも、上に書いたようなことがあったら教えて下さい!

 以上。読んで欲しいけど、人がたくさん来てビビってる瞬希でした!