読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

「合う」ブロガーさんを見つけられたら、それは幸せだと思う

ブログ ブログ-ブログ論


スポンサードリンク

 自分の付けたはてなスターの記録を見ていて、気がついたことがある。突出して星をよく付けるブログが有るということだ。

 話し相手として合う合わないがあるような感じで、読む対象としてのブログにも、合う合わないがあるのだろうと思った。そして、合うブログが見つけられたということはとても幸せなことだろうと。

 そんなことについて、考えてみたい。

合うブログ=もっと読みたいと思うブログ

 ブログの記事というのはストック型なのだがフロー的な要素もあって、さかのぼって読むということはそう多くないように、私は思う。

 新しく気になるブログを見つけても、特に人気のある記事は読んでも、過去記事を読み込もうとはなかなか思わない気がする。新しく出た記事を読むようになる、という形ではないだろうか。

 だが、たまに、過去記事をさかのぼって読みたいと思うブログが出てきたりする。もっと稀にだが、過去記事も読みたいけどもったいないからちょっとずつ読もうと思うブログも出てきたことがある。

 その、後者が。上に書いた、スターをよく付けるブログだ。恥ずかしいので、どことは言わないが。これまでもこれからも紹介することもあるだろうし、筆者さんには伝わる気もする。

文体、空気、展開、などなど

 合う合わないの基準はいろいろあると思う。人それぞれだし、それでいい。

 私の場合は、丁寧な言葉づかいで、強すぎない語調で、きれいな文章を書かれると弱い。で、そこに似た状態であったり、世代であったり、興味を引く要素が追加されると、もう気になる。

 自分に合うブログというのは、極限まで突き詰めると「自分で書く」しかなくなると思う。だが、そうでない「目標にしたいブログ」が見つかるというのは、なんて幸せなことだろうと思う。

このブログも、誰かの合うブログになれるように

 文体とか空気とかは、正直なかなかどうしようもないが、誰かの合うブログになるためにやれることもいくつかあると思う。

 例えば、続けること。どんなに合うブログでも、もう更新されないブログであればそれは残念すぎると思う。あとは、伝える努力をすること。無理に広げるのもよくないが、読まれる努力を一切しないのも、せっかくのチャンスを無くしてしまうと思う。

 私に出来るのは、丁寧にかつ適当に、記事を書いていくことしか無いと思うので、大きくは曲げずにやっていきたい。で、誰か引っかかってくれたら嬉しいと思う。

日常のそばにある幸せを見つけていこう

 ただ、好きなブログがあるというだけでも、ちょっと注意深く見れば幸せなことなのだと思える気がする。

 そんな小さな幸せをたくさん拾って、まぁなんとか絶望せずに生きたいなと思う。恵まれてるんだし、幸せもあるし、なんとかやっていこうと。

 好きなブログの過去記事を漁りに行こうかなー。と思いつつ。おわり!