読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

踏み台にしてほしいから書く、人を踏み台にしてちょっとだけ人の来るブログを作る方法

ブログ ブログ-ブログ論


スポンサードリンク

 注意ですが、今、私酔ってます。酒が入ってるのを言い訳にする気もありませんが、事実として、書いておきます。

 さて、ブログを読んで欲しいという欲求、特に始めてすぐの人には多い気がします。私も、初めてすぐはそうでした。このブログを始めてすぐというわけでは無く、ブログ自体を初めてすぐなので、かなり前ですが。

 そんな時に出来る事、実は、いくつかあります。そんないくつかをまとめてみたいと思います。酒によった勢いで、ですね!

既に人気がある人の手を借りるべし!

 正直な話、全てはこれです。初めてすぐの人よりは、誰もが人気がある人です。私みたいにどうってことない人でも、初めてすぐの誰にも知られていない人よりは、知名度があります。

 そんな、自分以上の人を探して、上手く利用する。利用という言い方は悪いかもしれませんが、手伝ってもらう。そういう行為、ありだと思います。

 どうするか、方法を書いちゃいます。酒の勢いで! まぁ、別にシラフでも書ける気はしますが。普通のことですしねー。

広めてもらう

 ブログをそこそこやっている人は、人脈があります。例えば、Twitterでつぶやくと、ブログ関係者が見てくれる場合が多い、とかです。そういう伝手を利用します。

 具体的な方法としては、そこそこ著名なブロガーさん(有名すぎる人はかえってダメです。広めてくれない場合が多いので)の記事を引用して、自分の意見を書く方法です。これは、多分意外と効きます。

 引用して意見を書くと、たいていはリツイートしてもらえたり、コメントを貰えます、そうすると、そのブロガーさんのファンの人が、見に来る可能性が多く、はてブを付けてもらえる可能性が高まります。

 初めてすぐのブログとしてはかなり多めの(100とかの)アクセスが見込めます。これは、大きいです。

引用&言及自体は悪ではない

 方法論的にすると、かなり意図的で嫌な感じになりますが、行為自体は悪ではないし、私なら歓迎する方法だと思います。

 ブログをやっていれば、自分の意見に対しての反応というのは欲しいという人が多いと思います(多分)。私は、自分の意見にいろいろ言ってくれる人がいれば嬉しいです。

 要するに、引用&言及することは、された方にも、した方にも利益がある、win winな関係なわけです。いいじゃないですか、どうです? いいと思いませんか?

広めるために、というのが、という人には

 方法はいいかもしれないけど、広めるためにそんなことをしたくない、という人には、ひとこと言いたいです。

 「気にすんな」と。

 広めるために、という思いがなければ良いことだと思うなら、その感情が邪魔者です。感情なんて、ぶっちゃけ自分の思い込みでしか無いわけで。やっちゃえばいいじゃん、と思います。

 もちろん、幅広い人に薄い意見をぶつけまくるのは、邪魔なのでやめて欲しいけど、ちゃんと考えた意見を、好きなブロガーさんにぶつけるのは、むしろやって欲しい。その目的が売名であっても、悪いことではないと思います。私は。

 目的がどうであれ、みんなが喜べるならいいんじゃない? というのが私の持つ考えです。まぁ、いろいろ人によってあると思いますが、誰も損してないしいいじゃん、と思います。

おわりに

 ブログを始めてすぐと言うのは、人も来ないし、止めやすい壁があると思います。

 ですが、そこでやめるのはもったいないです。せっかく、自分の考えを、意見を書ける場を設けようという人がいるのに、1度や2度の投稿でやめてほしくないです。

 ならば、売名だろうが、人の人気を利用してようが、いい方法を使って欲しいと考えました。それが迷惑にならないなら、誰の不利益にもならないわけですし。

 少なくとも私のブログを踏み台にしてもらう分には構いません。まぁ、知名度とかはそれほどでもないし、踏み台にするには低いけど、使えそうだと思えば使っちゃって下さい。


 そんなことを考えた、酔っぱらいが、ここに居ました。

 26歳の誕生日の次の日に、家族で焼き鳥屋に飲みに行って、酒を4種類ほどちゃんぽんしていい感じに酔っている、瞬希でした。以上!