読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

「まじめにふまじめ」出来るようになりたいな


スポンサードリンク

 まじめにふまじめ、と聞いてあなたは何を思い出しますか?

 かいけつゾロリを思い出した人は、すごいです。私はググって知りました。ゾロリはけっこう読んでいるのですけどね。

 まじめにふまじめ、が、出来るようになりたいという話です。では、いってみよー。

「まじめ」なだけじゃダメだな

 私は、まじめなタイプだと思います。というか、生真面目?

 自分の考える正しいこととか、「~すべき」というようなことに縛られがちで、適当適当言っている割には適当に動けていません。

 しっかり考えることはいいことでも、それを踏み越えることも必要だなと感じています。

「ふまじめ」なだけでもダメだろう

 では、「ふまじめ」ならいいのかといえば、そうも思いません。

 しっかり物事を考えず、場当たり的な行動に終始するのは、私の基準ではあまりよいと思えないです。

 ネタに走ったり、既存の枠組みを壊すのはいい。でも、なんの考えもなくや、やりっぱなしはよくないと思います。そういう意味で、ふまじめなだけではダメだと思います。

だから「まじめにふまじめ」だ

 まじめに(ちゃんと考えて)、ふまじめ(ネタに走ったり、既存の枠組みを壊す)をすること、必要だと思います。

 短慮な行動を、熟慮してやる。そういうことが必要なこと、あるのではないでしょうか。

何がしたいかといえば

 簡単に言うと、もっとブログで遊びたいのです。ブログ芸人的なことがしてみたい。でも、いろいろなラインを踏み越えられず、悶々としています。

 面白いことがしたい、という欲求を満たしたいので、いろいろしていきたいですが、まぁ難しいですね。思いつかない、思いついても実行に移せない、という感じで。

 実行に移せるタイミングが来ると、ネタがなく、ネタがある時は、実行に移せない。困ったものです。

おわりに

 ネタを書きたいと思いつつ、こんな真面目を装った文章を書いてしまうのが、私のダメなところかもしれないです。自分でも、もっとはじけていいと思うのですが。

 面白いことがしたいので、いろいろ考えます。で、思いついたら実行、出来るように頑張りたいなと。


 ネタ記事を書くぞと意気込むこと数度、結局ネタ記事をほとんどかけていなかった、瞬希でした。今度こそは! がんばろー。