読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ゲームを作りたくなって、PukiWikiに手を出してみるという回り道


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140524233638j:plain
 18日ぶりに「ゲーム作りたいな」という記事を書きます!

 ゲーム作りたいなと思って、PukiWikiに手を出しましたという記事です。

 これだけ聞いても意味がわからないと思うので、とりあえずどういう考えでそうなったのか、これからどうしたいのかなど書いてみます。

 では、いってみよー。

ゲームの作り方の情報、まとめたら意味がある?

 数日前に、「ゲームの作り方を知りたい人って居るのかな?」と思いました。で、「私の知る方法や、調べたことをまとめたら役に立つかな?」と思いました。

 Wikiの仕組みや使い方にも興味があったので、Wikiを用いた情報サイトを作ってみたらどうかと考えました。

 そこで、調べたら出てきたのがPukiWikiという仕組み。MediaWikiというものもあるようでしたが、今回はそれほど大掛かりにはならないと思ったので、PukiWikiを選択。とりあえず設置してみました。

ゲームの作り方、情報、Tipsなどをまとめる?

 今回は「私のため」という部分が大きいので、作り方と言っても手取り足取りはやりません。

 スマートフォン向けゲームを作るなら、こういうゲームエンジンがあるよとか紹介して、その使い方とかをボチボチ書こうかなと思っています。

 Wikiだけど、編集者は私だけで適当にやろうかと。それならサイトを作ればいいって? Wikiの勉強も兼ねているのでいいのです!

完成しない作品に意味は無い。だが道のりには意味がある

 ものづくりにおいて、完成しない作品には意味が無いと思います。正確に言えば、「公開しない作品」かもしれませんが。とにかく、出せない状態では意味が無い。

 これまでの私の個人での制作はそのほとんどがお蔵入りで、意味を成していません。


 ですが、作品に意味をもたせられなくとも、道のりには意味があると考えます。それも公開しなければ自分だけのものでしかないけど、公開すれば一つの実例になります。

 今回の作品も、公開までたどり着けるかはわからない。ならば作る間に調べたことなどをまとめて、公開してみてはどうだろう、ということです。それは誰かの役に立つかもしれないし、巡り巡って自分のためになるかもしれないので。

 やってみようと思いました。

とりあえずスマホのゲームを

 最初はCoronaSDKを使ってスマホのゲームを作っていきたいと思います。で、その中でのいろいろを書いていきます。

 作りたいゲームがRPGなので、ちょっと完成までたどり着ける自信がないですが、頑張ろうかと。もちろん目標は完成して公開して多くの人に遊ばれることですけどね。


 最後に、作ったWikiのアドレスを。

 ゲーム制作情報Wiki - PukiWiki

 こちらです。


 この記事の公開時点ではまだ何もないですが、何とかします。多分。

 というかんじで、今回はここまで。おわり!