読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

直径3センチの木の球体にお絵描きをしてみたよ!


スポンサードリンク

 何かに使えそうだと思った工作用素材が部屋の中にかなりあります。割と使うけど、使ってないものも多くて何かできないかなと思った瞬希です。

 今回は、100円ショップの

 こういう木の円柱と球を使って何かしようと考えました。記録を残しておきます。いってみよー。

彫れない、切りづらい

 まずは彫刻的なものを考えましたが、彫刻刀を入れてみたところ非常に硬い。

 小さくて持ちづらいのもあって、続行すると怪我をしそうだったのですぐに断念しました。円柱の平面部分にすら刃が通らないとなると、曲面は危ないし。

 鋸とか出来るのも、とりあえずやめておこうと思いました。となると、あとは表面を加工するっきゃないなと。そこで、取り出したのが鉛筆です。

龍を描いてみる

 球体に描いてあって格好いいモチーフというと、思い浮かんだのは龍でした。そこで描いてみたのが、

 こちら。


 ツイート中にもありますが、大きく描こうとすると上手く描けなくて、難しかったです。見る向きと線のつながりの関係が頭の中でごちゃごちゃして。

 なので、小さく描けばいいのでは、と考えました。

遠目に見るとなかなか満足

 小さく描いたのがこれ。鱗の模様とか、1mmもありません。めちゃくちゃ細かいです。シャーペンで描いたけど、絵の具系ではこんな細い線は描けそうにないですね……。

 細かな絵柄は微妙な感じ(顔とか)ですが、全体の雰囲気は気に入っています。なんとなくそれっぽい気がすると。


 ただ、問題がひとつ。シャーペンで描いているので、擦ったら多分にじみます。ニスとか塗ったらそれ自体でにじみそうだし、にじまなくする手段が浮かびませんでした。

もう少しシンプルな線のものを

 シンプルな線の絵なら、絵の具なりなんなりで描けるかも? と思って、描いてみたのが

 これです。馬。今年は午年ですしね。


 馬の書き方のサイト(水墨・墨彩画による「馬の描法」特設サイト|誠文堂新光社)を参考に描いたのでなんとなくいい感じですが、これでもやっぱり線が細いかな、と思ったりです。

 上から描くなら、アクリル絵の具か墨か……。水墨画での書き方のサイトを参考にしたので墨もいいかなと思いましたが、どうなんでしょうかねー。


 焦がし絵みたいなのもいいなと思うけど、細かい線が引けるのかはわからないです。うーん。

結論

 球体に絵を描くの、面白いは面白いけど「球体に描く必要があるの?」という気もしてきました。

 焦がし絵なら木に描く必要があるけど、そうでないなら木でなくてもいいわけですし。球体である必要はそもそも特に無い気も。


 球体に描くと、台座を用意すればなかなか見栄えが良いという利点はありますけどね。最大かつ唯一の利点かもしれないです。細かな細工ができて簡単には消えない何かがあれば、格好良さ重視でも全然OKなのですけどねー。

 細い金属棒(千枚通しとか)で削って、そこに色を流すとか出来ないかな。うーん、やってみたい気はするので、気が向いたらやろうかな。


 とりあえず球体お絵描きは満足しました。木材はまだまだ余っているけど、いつか使う素材Boxに入れておいてもいいかなー。

 細かい何かを作るというのに興味が出てきたので、次はミニチュア的な、ドールハウス的な何かをやってみたい気がしています。箱のなかに店を作ったりする系?

おわりに

 今日の工作はこんな感じでした。工作ってほど作ってないか。ただのお絵描きかな。

 木やら金属、布や紐や砂に発泡スチロールなど、素材はいろいろあるのでこれからもいろいろやってみたいと思います!


 私が作ったものとかを見て、「これ欲しい!」とか「こんなの作ってよ!」とかあったら言っていただければ考えたいので、お願いします。

 工作的な問題解決は好きなので、どんどんやっていきたいです。


 では、今回はこのへんで。おわりー。


前回からの運動と、今日の体重

 運動:ランニング(3.43kmくらい)
 体重:80.5kg(179cm→BMI:25.1)

 昨日の記事に書き忘れてましたが、昨日は3.31kmくらい走ってます。

 今日で連続6日走ってます。合計で17kmくらいは走ってるかな。これからもがんばろー。