読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ちょっと辛いことがあったら未来に具体的でポジティブな予定を入れてみては?

考えた 考えた-提案


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140604234213j:plain
 最近辛いことがあって……というわけではないんですが(あえて言えばずっと辛い)、元気を呼び起こす手段として私がやっていること、書いてみたくなりました。

 劇的な変化があったり、何もかもをこれで一気に解決出来たりはしませんが、ちょっとしたテクニックとしてありかなと思うので書いてみます!

 では、いってみよー。

未来に具体的でポジティブな予定を入れる

 やり方は簡単です。

 近い未来に楽しい予定を入れること。です。

 ポイントがいくつかあって、

  • 具体的に決める(日時、やることなど)
  • できるだけ人を巻き込む(自分一人でなく)
  • わくわくする用事を作る(それが負担になったら最悪です)

 という感じ。

 例えば私なら、「来月に大学の友人たちと飲む」とか「来月末の祭りで御輿を担ぐ」とかが今入っている予定です。楽しみだし、ドタキャンすると人に迷惑をかけるなぁという用事。これが大事だと思います。

ドタキャン出来ない=調整する

 人を巻き込む理由は、自分だけだと「やっぱりやめた」となりやすいからです。当日になって「きついからやめておこう」とできるとなると、少し前から体調に気をつけようとか、そういう気が起こりにくいですし。

 辛いことが大きければ、近い未来に楽しい予定を入れること。そうでもなければちょっと遠くてもいいから入れておくこと。

 そうすれば、少しでも元気に過ごせないかなーと思ってやってます。

細かい予定はもっと入れる

 「今日の夜にプリンを食べよう」とか「明日は本屋で漫画を買おう」とか、そういう楽しいことはできるだけ意識して入れたいと思っています。楽しいことも、無意識にやったら楽しさ半減だと思うので。

 大きな予定の合間に小さな予定をいっぱい入れていくことが、少しでも楽しく過ごすために出来る事なんじゃないかと。20年以上生きてようやく気づいたので、最近実践しようとしていますが、難しいです。ま、適当にやっていきたいですけどねー。

無理は禁物だけど、ね!

 辛い時っていうのは、休めばどうにかなる時と休んでいると滅入っていく時があると思います(多分他にもありますがとりあえず)

 前者は、休みましょう。後者の時は、楽しいことも入れていきながら休んだほうがいいかもしれないと思います。


 どっちにしろ、無理はいけませんけどね。本当に切羽詰まっていない限りは、辛いのを楽しいことで塗りつぶし続けるとかって、よくない気もしますし。気力を持たせるつもりが体力が限界に来たりしますよね。

 原因をどうにかするのも重要で、でもその間の心を守るために、みたいな感じです。辛い辛いと思いながら原因を探して潰れちゃうより、もうちょっと頑張ろと思えたほうがましかなーと。微妙かな。


 ちょっと分かんなくなってきましたが、まぁ未来にポジティブな予定を入れる事自体は悪く無いと思います。あとは、日常の些細な幸せを見つけようとすることも。

 「いいな」と思ったら、適当にやってみてください。無理せず、詰め込みすぎず、ほどほどに。

おわりに

 最初はもっともっともっと暗い記事になりそうだったんですが、Twitterでつぶやいたらアイデアいただけたので、こんな感じにまとまりました。これでもかなり暗さは軽減されたほうだよ!(多分)


 私はこうやってみてるよーって感じな記事でした!

 では、今回はこのへんで。おわり!