読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ブログで潰されないためのアイデア。最悪のハードルを上げておく。


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140907211851j:plain
 ブログに必要なものとして、「打たれ強さ」みたいなことが言われることがあります。もしくは「スルースキル」。

 どちらも、『批判的な強い言葉が飛んでくるのは避けにくいから、飛んできても持ちこたえられる力が必要』という考え方だと思います。


 それらを否定する気はないというか、打たれ弱すぎるとブログやっててきつくなることあると思うので、上に挙げた力があるといいと思ってます。

 が、私には打たれ強さもスルースキルも無い、というか弱い(少ない)です。


 そんな私がここ数年ブログをやってきた中で、気づいたらやっていた考え方を書いてみたいと思います。

 では、いってみよー。

想定を超えてくるからダメージが大きい

 「まさか」ということに対して、人は対応が遅れることが多いと思います。心のことも、おそらくそうではないでしょうか。


 ブログをやっていて心が傷つくとしたら、それは「まさかこんなこと言われるなんて」という場合が多いのではないかと思います。思いがけない人、場所、方向から強い言葉を受けた時、ダメージが大きいのではないでしょうか。

 ならば、どうするか。相手を、飛んでくる言葉を変えることは出来ません。


 想定の方を変えてしまえばどうだろう、というのが私のやっていた考え方です。

最悪の最悪を想像する

 この記事を出した次の瞬間に、ネットで発言力があったり、よく知られている人たちから理論的にも感情的にもボロクソに言われるかもしれない。

 そう思いながら記事を出していると、強い言葉飛んできてもたいていのことは「まだまし」です。


 この記事を出した瞬間に、さっきまで仲良くやってくれていた人が豹変して周りにあることないこと振りまきながら非難してくるかもしれない。

 そう思いながら記事を出していると、知り合いからちょっと批判的なコメントを受け取っても、「このくらいなら」と思えるかもしれません。


 ダメージを受けるハードルを上げてやると、ちょっとだけ防御ができるのではないかと考えました。


 逆に、

 この記事出したら周りが感動して絶賛して、賛美の嵐になるに違いない!

 そう思いながら記事を出していると、批判的なコメントがちょっとでも付いたら「なんでこんなこと言うんだ」「攻撃された」「分かってない」となるように思えます。


 記事を出す時、その結果に何を見るか。何を求めるか。どう想像するか。そういうことでダメージ量を減らせないかなと考えています。

臆病な人はブロガーに向いている?

 傷つきやすい人はブログをやるべきでない、というのはあるかもしれません。やってはいけないということは絶対ないけど、少なくとも荒れそうな話題を書くのは避けたほうがいいかもしれません。

 では、臆病な人はどうかというと、実はブロガーに向いているのではないかと思います。


 臆病な人は、これを出したら悪いことが起きるのではないか、と考えがちではないでしょうか。そう考えていると、ほんとうに悪いことが起きた時「やっぱり」と思えます。

 一度想像しておけば、想像していないよりは余裕ができ、対処する時に一呼吸置けると思います。炎上しかけた時に最悪なのは火に油を注ぐことだと思いますが、一呼吸置いて感情的でなくなっていれば、それが防げるかもしれません。


 これは、半分くらいは「私自信がブロガー向きだと思いたい」という文章な気もします。私は自分が臆病だと思っているので、そんな自分でもブログをやって大丈夫、と思いたいです。

 実際、もう何年も(はてなブログではまだ7ヶ月ですが)ブログをやっていて、致命的にダメージは受けていません。受けていたら多分もうやってませんしね。


 臆病さ。強さとは逆方向で、ブロガー向きな資質ではないかと考えました。

おわりに

 ブログで潰されないためのアイデア。それは「最悪を想像しておく」こと。最悪のハードルを上げて、それより下なら「まだましだ」と思える準備をしておくことです。


 ハードルを上げたからといって、火種を作りまくっていいというわけではないと思います。炎上や攻撃を避ける努力も必要でしょう。

 最初から「攻撃上等」「炎上どんと来い」という人にはこの方法は意味が無いというか、やる必要もなければやっても何も起こらないかもしれません。

 でも、「炎上したらどうしよう」「人から悪く言われないだろうか」と思う人は、ちょっと臆病かなと思うくらいに想定して動けば、不必要なダメージを受けずに住むかもしれないよ。と思います。


 ブログをするには強さが必要と広まって、ブログは強い人のもの、となって欲しくないなと思い書きました。

 たくさんの人に読まれれば、意図しない反応も来ます。でも、それからのダメージを減らす方法を知っていれば、強くなくても出来ると思っています。


 弱いままでもいいんだよ。ということで。

 今回はこのへんで。おわり!