読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

障りの良い記事だけ書いてりゃ満足できるってわけでもないよね


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140923120349j:plain
 ブログを書いていて「読まれる」ことを意識し過ぎると、反応が怖かったり良い反応が欲しかったりして「当り障りのないことしか書けなくなる」ことがあるように思います。

 でも、「たまには悪手だって打てばいいじゃない」と思いますし、そうありたいと考えました。

 そういうことについて、思ったことを書いていきます。いってみよー。

書きたいことも書けないならブログをやる意味が無い

 あくまでも私の考え方ですが、書きたいことが書けなくなったブログは終わりだと思います。少なくとも、個人のブログとしてはもう詰んでるかなと。

 もちろん、利益を追求するとかメディア的な方向性を伸ばすとか、そういうことならいいんです。でも、自分の意見を適当に出すというブログを目指していたとすれば、それは死んでいるなと。


 書きたいことを書ける。これって私の中では、かなり重要度の高い事柄です。

どんなことでも書いてみれる場にしたい

 私は、よほど無茶苦茶しない限り「間違ってたと思ったら謝ればいいんじゃ?」と思っている人なので、とりあえず出してみるというのもいいんじゃないかと思ってます。

 特に「こう考えた」みたいな記事だったら、正しいも間違いもなくて「そう考えた」ってだけのことですし。おかしいと言われて方向を変える可能性はあっても、「そう考えたはずがない」って否定されることは無いというか、否定する人がいればそっちがおかしいですよね。

 そう思うので、考えたこととかは特に、なんでも書けると思うしなんでも書きたいと思います。

明らかな悪手でも、出したきゃ出せばいい

 さっき出した、

 この記事ですが、私の感覚では悪手です。少なくとも良い手じゃないですね。


 ですが、出しました。書いていて「これは非難されうるな」と思いましたが、それでも私が考えたことには違いないし、残しておきたいと思ったので。

 誰かに向けた記事だろうが誰にも向けてない記事だろうが、良かろうが悪かろうが、出したければ出せばいいし、出したくなくなれば出さなければいいと思っています。

やりたいようにやること

 人に読んでもらいたいと思っているのも事実ですし、そのためにいろいろやってみたいとも思っていますが、人の目を気にしすぎると疲れます。

 自分のやりたい事を制限したり、言動にいちいち気を使ったりしないといけなくなるからです。で、疲れてやめていく人をたくさん見てきましたし、私自身もそうなってやめたことがあります。


 結局は、人に多大な迷惑をかけない範囲で「やりたいようにやる」ことだよなーと思います。自分のブログの中でやっている分には、「嫌なら見るな」でもいいと私は思いますし。

 趣味でやってるブログで疲れたり気をもむのも馬鹿らしくないですか? ならばいっそ、自分のやりたいようにやることを第一にしてもいいと思います。私はそうします。

おわりに

 なんだかんだ書いてきましたが、本気でPVを伸ばすことを目的にとか、お金になるブログを育てたいとか、そういう場合はこの考えは多分通用しません。

 が、趣味でやってるならやりたいようにでいいと思います。褒められそうな記事だけ書いて満足できるならそれもよし。毒吐きたくなれば吐いてもよし。非難されてもいいやと思えるなら過激なこと書いてもよし。

 それでどんな反応が返ってきても自己責任ですが、そこさえ大丈夫なら何してもいいのではないかなーと思いました。


 そう考えると、私は「自分は炎上とか怖いからしたくないけど、人がそれを狙うのは別にどうでもいい」というスタンスかもしれないと思います。

 わざと悪質なデマを流すとか、犯罪行為・示唆に及ぶとか、人に害をなそうとするみたいなのはダメだと思いますけどね。そういうものでないなら、反応を得たいというのは自然な感覚だと思いますし、何を狙って何を得てもいいと思います。自己責任ですけどね。


 そんなふうに考えたので、私はわたしのやりたいようにやっていこうと思います。よさ気な記事も書くかと思えば、無茶苦茶な記事も書くかもしれません。が、まぁそれが私ということで。

 書きたいことを書ける環境であり続けたい、やりたいようにやればいいじゃん、という記事でした。


 以上、今回はこのへんで。おわり!