読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

想像力100%で何一つ知らない「ベイマックス」を考える

その他 その他-ネタ


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20150106221121j:plain

エーックス ックス ックス ックス


男たちが追いかけた、夢が、あった。


ベイマックス

誰も想像だにしなかった、開発プロジェクトだった。


とにかく大きく強いベーゴマを作らんと、寝る暇も惜しんで、研究開発を行った。

重さ、回転力、安全性。問題は、山積みだった。


合言葉は「絶対に負けない」

歳月を越え、守り通した理想。皆の魂となった。


だが、最悪の危機が襲った。

ルール制定

大きさに制限が設けられ。理想は瓦解。


しかし、勝利を求める心。若者たちに、受け継がれていた。


「ここでやめたら、負けじゃないですか。
 勝ちを求めてきたのに、ここで止まるわけにはいかないわけですよ」


深夜の開発。

復活への道は、禁断の技術だった。


これは、ベーゴマ界に一時代を築きあげた、絶対的強者ベイマックス。

その、壮絶な物語の、最終章である。



地上の星 / 中島みゆき [公式] - YouTube



思い付きのツイート