読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

インターネットは海。その中のコンテンツは泡。

考えた 考えた-思索


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20150312233458j:plain
 以前から好きで何度も何度も聞いている曲がニコニコ動画にあるのですが、さっき探したら見つからなくて、焦りました。

 探し方が悪かっただけのようで最終的には発見できたのですが、ネットにあるものというのはいつ消えてもおかしくないんだよなと再認識しました。どこからたどり着いたか分からなくなったり、名前を忘れてしまったりしてもう見つけられないものもたくさんあるなと。

 そんなことについて、なんとなーく考えてみたいと思います。では、いってみよー。

海と泡

 タイトルは「インターネットのコンテンツの儚さを何かに例えられないか」と考えた結果です。良い例えかは知らないです。

 インターネットって、途方もなく広くてどこに何があるかなんてさっぱり分からないところも多くて、ウロウロしてたらすぐ現在位置を見失って、海みたいかなと思います。

 となると、コンテンツは魚? とも思ったけど、魚というよりは泡かなという気がしました。フッと消えるようなイメージです。ブログは泡の塊なので、海水が白っぽくなってる感じのところだと思います(細かい泡がいっぱい)


 ま、例えたからといってそれを使って説明したいことがあるわけでもないのですけどねー。

 なんとなくそんなふうに思いました。

今回探した動画

 今回探した動画、以前にも紹介した気がしなくもないけど紹介します。

 動画にはアダルト要素全くないけど、元はエロゲの曲です。関係ないと思っているけど、気になる方もいるかもなので一応書いておきますね。


 動画自体が2007年に投稿されたものなので、既に8年ほど月日が流れています。そして、この曲の使われた元のゲームは1997年発売なので、もう18年くらい前に作られた曲です。


 ゲームが好きで、その曲も好きで、ボーカルアレンジされたこの動画も好きです。初めて見たのがいつかは覚えてもいませんが、動画が出てそう経っていない時期だと思うのでそれだけ聴き続けています。

 でも、消えるときは消えてしまうんですよね。そんな日が来るのか、来たとしていつになるのかは分からないけど、可能性は常にあります。


 今回は動画でかつ見つかりましたが、SSとかでまた読みたいけどもう二度と読めないもの、結構あります。公開されていたサイトが無くなってしまったり、タイトルを忘れてしまったり、その両方であったり。

 いくつかは私的利用のため(また読みたいので)に落としていましたが、それもパソコンの故障とともに吹っ飛んだりして、もう手にはいらないものは多いです。


 楽しめる時に楽しんでおくこと。どうしてもなものは保存すること。いつまでも囚われ続けないこと。そんなことが大切な気がしました。

なんでもだけどね

 ネットのこととして語りましたが、リアルでも変わらないといえば変わらないのですよね。もう見られないもの、もう会えない人、もう出来ないこと、生きていればたくさん出てきますし。

 生きていればいつかは死にますしね。自分すらいつかは無くなってしまうということ、普段から気にすることは少ないかもしれないけど、たまに思い出してもいいかなと思いました。


 消えるからこそ、大切にしたいと思う。

 なんでも大事にしないとなと思います。物も、人も、機会も、なんでも。永遠は無いので。どこにも。

おわりに

 タイトルと内容が乖離しすぎた感じがあるので変えたい気もするけど、変えません。文中で触ったから、今変えるといろいろ面倒なので。

 いろいろなものが出てきて、動いて、消えていく。インターネットはそれが見えやすくて儚いな、でもリアルだって一緒だよな。という話でした。


 ブログも、数週間数ヶ月とかの単位で出来たり消えたりして、知り合いが出来たり居なくなったり楽しくて寂しいなと思います。

 だからこそ、出会いを大切にしてその時その時を楽しんでいきたいと思いました。


 私のこのHNはもう作って12年くらい経とうとしているレベルだしそう簡単には消えないと思うけど、消えてた時期もあったりするし分かりませんね。なので、話せるうちに話しておきましょう!(笑)

 という感じで今回はここまで。おわり!