読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

レアな記号をうまく使って、あなたの色を作り出そう!

ブログ ブログ-ブログ論


スポンサードリンク

あなたに付随する記号をたくさん挙げなさい。

と、突然問われたら面食らうと思う。わたしでも面食らう。
記号というのを、男性であるとか、○○をやってる(やってた)とか、そういうものだと捉えて、考えてみて欲しい。

例えば私であったら、

瞬希の記号

  • 25歳
  • ややニート(働く意思はあるつもり)
  • ブログをやっている
  • ネット歴12年くらい
  • ゲームプログラマとして働いた経験あり
  • ものづくりがしたい人
  • 大学を中退した
  • 合唱経験あり
  • 読書が好きだった

とりあえず10個挙げてみたが、こんな感じだろうか。
こうやって挙げてみて、その中でレアなものを探そう。

私の挙げたものの中だと、

この辺りは使いやすいかもしれない。

これを、上手く使う方法がないか考えてみよう。
例えば、大学を中退したという立場でなにか社会問題を考えるとか。
例えば、ゲームプログラマとして働いた経験から見える、ゲームのすごいところを記事にするとか。

組み合わせても、いいかもしれない。
「大学を中退したややニート、今日もちんたら生きてます」ブログタイトルっぽい。
他にもあると思う。パッと出てこなかったが。

あなたの記号で、あなただけの色を出そう

この記事のネタを思いついたかきっかけは、中学生ブロガーの記事を見たこと。
自分も中学生の頃はもうネットしていたんだし、うまくその記号を使えればよかったのになぁ、と思ったからだ。

そして、私が今持っている、レアな記号って無いかな、と思ったから書き始めた。

ひとつふたつの記号なら、同じ記号を持った人もたくさんいるだろう。
だが、違うジャンルの記号が2,3集まると、急に少なくなる。
5,6になると、ほぼ居ないと思っていいのではないだろうか。

自分にしか書けない、というのは強みだ。使いたい。
同じ記号を持つ人に向けて書く、というのもいい。共感してもらいやすいかもしれない。

自分を見つめなおすこと。そして、うまく使うこと。

自分の持つ何か、というのを見つめなおして、把握する。
そしてそれを上手く使う。

そんなことができたら、面白いことが出来そうだと思う。
他とは違う、ここにしか無いものができて、強みになるのではないかと思う。

あなたに付随する記号は、たくさんある。
普通っぽいものが多くても、記号の中の記号(日本に住む→日本の福岡に住む、のように)を、と探していけば、どんどん狭く深くなっていくはずだ。

あなただけの記号を見つけて、あなただけの記事を書いてみて欲しい。
それはブログだけでない、あなたの強みになるはずだ。