読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

ブログはどこまで私的なものといえるだろうか

ブログ ブログ-ブログ論


スポンサードリンク

ブログ。
個人メディアとも言えるような、それ。
好き勝手にできる、それ。

適当にやろうと考えて、適当に書いているが、少し気になってきたことがある。
どのくらい適当にやっていいのか、ということだ。

私が私の考えを、ただ勝手に書いているだけなのだから、何を言われても気にする必要はない、気もする。
他人に直接的な迷惑をかけたり、法律に引っかかったりしなければ、何をやってもいい、気もする。

「こうじゃないか?」と記事を書いてはいけないという、なにか根拠のようなものはあるだろうか。
もちろん、「そうじゃない」というリアクションを否定する気はないし、何かを押し付ける気もない。
「こうだと思う」も一緒だ。

「あいつがこんな悪いことをしているぞ」とか言う気はない。
その情報が正しくても、間違っていても、自分の中だけで完結できないものになるからだ。
「私はこういう行いは好きでない」とは書くかもしれない。
その感情は、誰に否定されるものでもないと思うからだ。

このブログが、たくさんの人に読んでもらえるようになると嬉しいなと思う。
色んな意見を聞ける可能性が高くなるし、自分の言葉から議論が生まれたりするのを見てみたいからだ。

だが、人が増えるときつい言葉遣いや、汚い言葉遣いの人が増えるだろうなと予想されるから、怖くもある。
私はわりと傷つきやすい人だし、自分の言葉が原因で誰かに迷惑をかける状況になると嫌だなと思うからだ。

まぁ、取らぬ狸の皮算用というか、気をもみすぎな感じもする。
それほどの人が来るブログになる可能性は、そう高くないだろうと思われるし。
いつまでも、ネットの片隅で適当な事を言い続けているブログである可能性のほうが高いと思う。

だが、人が来るブログと、人がそれほど来ないブログで、書いていいことが違うのか、ということは興味深い。
影響力のある人がこんなことを書くなんて、という意見が妥当か、という問題。
影響力のないうちならいいけど、影響力があるのにね、となるのか、という問題。

それほど人が来ないブログなりに、適当に書いていこうと思う。
勘違いとか、間違いとか、あると思うが、まぁ、別にいい。別に押し付けているわけではないのだし。

もし、いつか、人がたくさん来るブログになったとして。
私は今のように書き続けることが出来るだろうか。それとも変質してしまうだろうか。
よくわからない。楽しみだ。