読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

僕はネトゲ内で友だちができない


スポンサードリンク

「ログインしてもずっと一人だったら、ネトゲは絶対続けない」と話していた。

インターネットと居場所―『僕の見たネトゲ廃神』を読んで
この記事の中に、引用文として上の文章があり、 (´;ω;`)ブワッ となった。

私のネトゲ歴は、微妙に長い。
初めてはまったネトゲは、アッピーオンラインというゲームだったと思う。
友達がやっていて、初めて、最初にちょっとだけその友達と会ったけど、あとはずっと一人だった。

結局、受験か何かが絡んでやめた気がするけど、ずっとひとりで、何ヶ月かやっていた。
それ以降も、色々なゲームに手を出した。基本的に、ずっとひとりで。

私だって、ネットに居場所を求めた人間だと思う。
リアルに居場所がないわけではなかったと思っているが、ネットに居場所を求め続けた。

ネトゲだって、そう。
誰かと関わりたくて、ゲームをしたのだ。結果的に、誰と関わることも出来なかったが。

ひとりでするネトゲほど、虚しいものはない。
最初の1週間位は、楽しいことも多い。新しい場所に行ったり、新しい敵を倒したり。
低レベルのうち、チュートリアル後ちょっとくらいは、楽しい。

でも、ネトゲは基本的に、誰かとやるもので。
ひとりでは限界が来るし、それはそう遠くない。

あとは、ずっと延々、ソロで効率のよい狩場で狩り続けるだけ。
強くなっても、自慢できる友達は居ない。誰かに感謝されることも、誰かに感謝することもない。
半年やって、チャットを使った経験がないままやめたゲームすらあったと思う。

それでも私は、ネトゲがしたいと思う。
いつか、ネトゲ内で友達と、遊べる日を夢見て。
一緒に狩りに行ったり、レアアイテムを見つけたり、新しい場所を見たり、そういうことが出来る日を夢見て。


僕はネトゲ内で友だちができない。
いつか、できるように、なるかなぁ。