読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

歩きスマホはやめて、歩きほにゃららもせず、周りを見ながら歩きましょう!

その他 その他-言葉遊び


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140519155653j:plain
 あなたは歩きながら、なにかしますか?

 歩きスマホが問題になっているように思いますが、歩きながら出来ることって意外とあるのではないかと考えました。私のしたことのある「歩きほにゃらら」を、挙げてみたいと思います。


 あなたはいくつやったことがあるかな? では、いってみよー。

歩きほにゃらら

歩き歌い

 歩きながら歌をうたうこと、ありますか? ありますよね! あるって言って!

 私は多分、わりとしてます。

 全力で大声で歌うわけじゃないですが、気がついたら歌ってるというか。口ずさんでいるということがある気がします。人とすれ違ってから気が付くと、恥ずかしいですけどね。


 まずは歩き歌い。わりと普通ではないかと思いますがどうでしょう?

歩き妄想

 歩いている時って暇じゃないですか。だから、頭の中で妄想が広がっていくことありますよね!

 授業中に「テロリストがこの学校を占拠したら自分の活躍でどう切り抜けるか」みたいなやつです。突然車が突っ込んできてひらりと回避するみたいな。できっこないですが。

 にやにや注意です。妄想が広がっている時の自分の顔は意識しないと緩んでそうですし。気をつけないと危ないかなと。


 歩き妄想。したことがない人は居ないはず。え、居るかな?

歩き計算

 歩いてる時は暇なので頭の中で何かしようシリーズ第二弾。特に意味のない計算とか、しませんか? しませんか……。

 例えば、歩いているところのブロック(レンガ的な)の数がおおよそどのくらいか計算してみるとか。一列の数と単位距離あたりの並びの数が出れば、あとは該当する部分の距離で概算できますよね!

 もっと適当な計算していることも多いです。3にずっと3をかけてみよう、とか。3,9,27,81……って。足し算のほうが続けられますけどね。素数はメンドイ。


 歩き計算、「やるやる!」って人いますか? 居なくはないと思うんですが……。

歩き読書

 ある意味歩きスマホより危ないのが、この歩き読書です。私は高校時代にはよくやってました。

 電車の中で本を読んでいて、到着したけど止められず歩きながら読んだりですね。超危険です。階段から落ちるよ!(落ちたことはないけど)

 歩きスマホよりも集中度が高そうなので、傍から見てると怖いだろうなと思います。ある程度は外にも認識を向けているので、人を避けたりはできるんですけどね。慣れれば。


 歩き読書、おすすめしませんというかやめときましょう。危ないです。

他にもいっぱいあるだろうなー

 歩きほにゃらら、とりあえず4つ挙げたけど、もっとあると思います。人は何をしだすか分かりませんしね! 予想もつかないようなことやってる人いるんじゃないかな!

 よかったら、あなたのとっておきの「歩きほにゃらら」教えてください!

 よほど良いアイデアだと思わない限り、真似はしないと思いますが!


 皆さん、歩きスマホとか歩き読書とかせず、周りを見ながら歩きましょう! 危ないので。危ないので!

 と、注意喚起をしつつ、今回はここまで。おわり!