読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

「友達は」と「選びなさい」の間にはどんな言葉が入るのだろう?


スポンサードリンク

「友達は選びなさい」という言い回しがある。
私は言われた記憶はないが、一般的な言葉かなと思う。

この「友達は」と「選びなさい」の間には、なにか言葉が入るのではないかと考えた。
そうでないと、微妙に意味が通じないように思えたからだ。

では、何が入るのか、考えてみる。

危なくない人を

「友達は危なくない人を選びなさい」
まぁ、ありな気がする。危ない人は避けろ、というのは理解できる。

まぁ、危ない人の定義とか、どう見分けるかとか、問題も多いけどなんとなくよさそうだ。
この言葉をかけるべきか、とかは置いておいても、まぁ、理解はできるかなと思う。

自分で

「友達は自分で選びなさい」
ちょっと方向を変えてみた。自分から友達を作っていけとかそういう感じだろうか。
これもありだと思う。この言葉を使う機会があるかは別として。

友達の友達だから、とかで嫌いな人と一緒にいる、みたいなときに使えるかな?
適当に考えたが、意外としっくりきた。

都合のいい人を

「友達は都合のいい人を選びなさい」
個人的には好きじゃないが、そういう考え方もあるかもしれない。

振り回されっぱなしの時とか、……にも、この言葉をかけたいとは思わないが。
考え方としては、あるのかなぁ。口に出したくはないが、心のなかにはある人もいるかもなぁ。


別に、答えを出そうと思っていたわけでもないし、このくらいにしておく。
おそらく、他にもいろいろとあると思う。

最初はもっと大喜利チックに記事にしようと思ったが、思いつかなかったのでこうなった。
ちなみにお気づきかも知れないが、「友達は選びなさい」という言葉、私は嫌いである。