読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色の棚

適当な話を適当に書くので、適当に見ていってください

「二字熟語を繋いで目的の熟語に辿り着けゲーム(仮称)」を考えた!

制作 制作-ゲーム


スポンサードリンク

f:id:syunki-gt:20140626144547j:plain
 二字熟語を用いた国語のゲームを考えつきました。

 かなーり難しい気もしますが、ルールを説明しますのでぜひ遊んでみてください!

 では、いってみよー。

 ※16:06に誤字(二次→二字)を修正しました

ルール

 スタートの二字熟語から一文字ずつ変えていって、ゴールの二字熟語に辿り着かせる。

 基本はこれだけです。

 例を挙げると、

 スタート「未来」
 ゴール「幸福」

 としたら、

 「未来」→「未然」→「自然」→「自前」→「眼前」→「眼福」→「幸福」

 みたいな感じで。一文字変える時、場所を動かすのはNGです。「未来」→「来年」はだめです。

 とりあえず、一発変換できればOK(バラバラの言葉として変換ではNG)ということでやってみました。

けっこう難しいですよ!

 このゲームは六次の隔たりというものから連想して作りました。あんまり関係ないけど、着想元はこれです。

 六次では難しいかもしれませんが、このゲームも10個くらいつなげればだいたいはつながるのではないかと思います。もちろん、スタートやゴールがあまりにも難しかったりしたら別ですけどね。


 意外と面白いゲームになった気がするので、問題をいくつか挙げて記事を終わりたいと思います!

問題

 スタート「目前」
 ゴール「暗闇」

 スタート「海底」
 ゴール「山頂」

 スタート「福岡」
 ゴール「沖縄」

 NG単語というものを設けても面白いかなと思いました。

 スタート「誕生」
 ゴール「死亡」
 NG単語「死生」

 とか。


 とりあえず考えただけで答えはまだ無いですが、気が向いたらチャレンジしてみてください!

おわりに

 ここまで書いて、「このゲームすでに存在するよ」と言われそうだなと思い始めましたが、まぁ思いついたので! 単純なゲームだし同じこと思いつく人が居てもおかしくないですよね!

 コンピュータゲームにするには向かなさそうだけど、遊べたらいいなと思いました。


 では、今回はこのへんで。おわり!

追記(14/6/26/ 14:52)

 このゲームの名前、よさ気なのを思いついたら教えて下さい。「こういう名前ですでにあるよ!」でもいいです。

 「二字熟語を繋いで目的の熟語に辿り着けゲーム」はさすがにちょっとダサすぎるよね……。